今回の物件は内装メーカーでビニルクロスを壁面に貼る為多くの壁をCLT表しとするこは出来ないが、

入り口正面の壁を表しにし、天井は基本的に県産材ヒノキを使用したハイブリットのCLTを使用した。

CLTを部分的に表しとすること、スラブに用いて厚みもある小口を見せることにより、構造体である事

を認識させ他構造にはない構造的な安心感と柔らかさを見せることができ、一般的な事務所空間である

固いイメージではなく、空間全体を柔らかくCLTが包んでいる様な感覚があり来客される方もリラック

スして商談、見学を行う事ができるのではないかと思われる。

構造体、スラブ小口を見せることは住空間においても内部が仕上げられて構造が分からないものと比べ

安心感、柔らかさを演出する上で効果的な手法だと思われる。